BLOG ブログ

「肩甲骨」の動きでバストアップができるエクササイズを紹介します

「肩甲骨」の動きでバストアップができるエクササイズを紹介します

栃木県宇都宮市でダイエット・ゴルフの為の身体づくりをサポートしている篠原章人です。このブロフではエクササイズを通して「バストアップ」が出来る方法を紹介します。バストアップと聞くと胸に付着している「大胸筋」を想像されるかもしれません。

 

しかし胸の筋肉を動かす為には「身体を丸める動作」が主になる為、場合によっては胸囲にサイズが下がってしまうこともあります。またスマホやパソコンを使用する時間が増えたことによって、「姿勢を丸める動作」が「伸ばす動作」よりも多くの時間を締めているでしょう。

 

それを改善することにより、胸が開きバストアップすることが出来ます。

この様なお悩みをお持ちの方にオススメの記事になっています

このような方におすすめな記事となっております
バストアップしたい方
姿勢の悪さ(猫背)を改善したい方
肩こり・腰痛の緩和

ポイントは僧帽筋の下部を使うこと

僧帽筋とは背中(上・中背部)を覆うように付いている筋肉のことです。その面積の広さから僧帽筋上・中・下部と分けられており、部位によって関節を動かす役割が変わります。

今回の主役である僧帽筋「下部」の役割に関しては肩甲骨を下げる(下制)動きです。本来正しい姿勢を保つことが出来ていればあまり注目されませんが「デスクワーク」・「スマホ巻き肩」に代表される猫背の姿勢はこの筋肉が常時伸ばされる状態になります。

そのせいで反対の役割を担う僧帽筋の上部繊維が働き過ぎるため「肩こり」・「腰痛」の引き金になってしまうことがあります。

ラットプルダウン

本来このエクササイズは「広背筋」がターゲットとなりますが、工夫次第でバストアップにも効果的です。順を追って説明してまいりますので丁寧な動作を心がけながら試してみてください。

ステップ1:姿勢良く立つ

足裏全体にバランス良く体重を乗せ軽く胸を張ります。猫背姿勢の典型的なパターンとして「かかと」に体重がかかるので少しつま先を意識して立つのも良いでしょう。

ステップ2:「肩がすくまらない範囲内」で腕を伸ばす

ここがポイントです。肩をすくめてしまうと、僧帽筋下部と反対の役割をする「僧帽筋上部」が多く関与してしまうため逆効果になることも。最初は腕が床に対して垂直に伸びる必要はありませんので、肩がすくまらないよう意識しましょう。

ステップ3:腕を脇につけるように引く

写真のように姿勢を保ちながら腕を引きます。引ききった際に「胸が張りやすい状態」であれば適切に出来ています。この動作に慣れてきたら、手のひらを外に向けながら引いてみましょう。より胸が張りやすくなるはずです。

ステップ4:ゆっくりと元の位置に戻します。

これが一連の流れです。戻す時に感じて頂きたいことは、背中の筋肉が使われながらスタートの位置に戻せているかです。肩がすくみながら戻してしまうと、バストアップを期待することが出来ません。引く動作と同じくらい意識して行いましょう。

終わりに

このエクササイズはバストアップを求めている人にとってはとてもオススメとなっております。また呼吸も深くなるので、リラックスやダイエットにも効果的です。

回数に関してですが、8~12回を1セットとして、3セット程行いましょう。2週間やってみると効果がお分かりいただけると思います。

今回もお疲れ様でした!


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

栃木県宇都宮市で活動している「出張型パーソナルトレーニング」のAKI-GOLFITはダイエットとゴルフの問題解決を中心にサポートさせて頂いております。

篠原トレーナーの詳しいプロフィール

代表 : 篠原 章人(シノハラ アキヒト)
TEL : 080-3174-1992
MAIL : trainer.akihito@gmail.com

体験ご予約はこちらから承っております。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////