BLOG ブログ

[ダイエット] エクササイズに重要な呼吸の方法を紹介します。

[ダイエット] エクササイズに重要な呼吸の方法を紹介します。

エクササイズを行うにおいて「呼吸」はとても重要です。どのように呼吸をするかによってエクササイズの効果が変わると言っても過言ではありません。なぜなら呼吸により体幹部分を安定させ現在行っているエクササイズ効果を上げることが出来ますし、その逆もあります。私たちは意識・無意識関係なく呼吸をしているため、その日々している呼吸が、エクササイズ・はたまた見た目に影響が出てしまいます。

 

見た目を良くする呼吸法は別のブログで解説をしたいと思います。今回はエクササイズを行うにおいて習得したい呼吸法を、栃木県宇都宮市でパーソナルトレーナーとして活動している篠原 章人がわかりやすく解説してまいります。

この様なお悩みをお持ちの方にオススメの記事になっています

このような方におすすめな記事となっております
エクササイズ中の呼吸を習得したい方
ストレス・肩こり・腰痛の不調に悩まされている方
ダイエット中の方

そもそも呼吸とは?

クエッション
呼吸とは、外から酸素を体内に吸収し、不要になった二酸化炭素などを排出するいわゆる「ガス交換」のことを言います。ご存知の通り、酸素は生命活動するにあたって必要不可欠の作業です。回数は1日に2.5~3万回ほど呼吸をしていると言われており、どのような呼吸をされているかでエクササイズやダイエットの効果が変わってしまいます。

呼吸が深くなると内臓の動きも良くなる

呼吸に関係している代表的な筋肉に「横隔膜」というものがあります。付着している場所は、肋骨の底辺から腰椎の3〜4番目です。息をすることにより横隔膜が下がり肺が膨らめるスペースを作ります。息を吐くことで上昇し肺の内圧が下がり元に戻ります。この動きが良いと、体内に酸素が効率よく供給出来るだけでなく内臓の働きも活発になります。それにより便秘の解消にもつながることが大いに期待できます。

姿勢が悪いと呼吸がしにくくなる

上でお伝えした通り、息を吸うと横隔膜が下がり肺が膨らみます。その際に肋骨が上下に開くのですが、日常生活で作られた悪い姿勢(猫背・ストレートネック)だと肋骨が開きにくくなり酸素を十分に供給することが出来ません。酸素はエクササイズ中に起こる生理的過程にも深く関与するため、姿勢から起こる「呼吸の悪さ」はエクサイズの効果を下げてしまうことは大いに想像がつきますね。

代表的な呼吸のパターン

腹式呼吸

腹式呼吸
お腹と背中を前後左右に膨らまして呼吸をすることを言います。この呼吸では主に「副交感神経」が優位になると言われております。リラックス効果・消化機能の促進・便秘などに効果があると言われます。仕事や人間関係によるストレス過多の方にはこの呼吸を行うことで改善することが大いに期待できますので、試してみる価値がありますね。

胸式呼吸

胸式呼吸
胸郭(肋骨・胸椎・胸椎3つの総称のこと)や肩を上下に使いながら呼吸する動作のことを言います。こちらの呼吸は「交感神経」が優位になると言われており、血糖値の上昇・脂肪燃焼・覚醒状態が優位になります。この呼吸は主に女性に多いと言われており、その理由としてハイヒールなどの安定性のない姿勢を作る習慣が多いことや男性と比べて腹筋群が弱いことがあげられます。


個人的にはこの呼吸法はおすすめすることが出来ません。理由は2つありまして、1つ目は私たちの日常生活はストレス過多になる機会が多く、副交感神経とのバランスを保つ必要があるからです。2つ目は姿勢がお腹周りの筋肉を使いことが難しい点です。エクササイズ(厳密にいうと身体動作)は、腕や足を動く前にお腹周りの筋肉が動くため無意識に働かせるためにも呼吸から意識させておきたいからです。

エクササイズ中に行うべき呼吸法

スクワットにおいて腹圧が大切
それは「腹圧」を高めた状態を維持する呼吸法です。腹圧とはお腹が膨らんでいることを言います。イメージだとお腹の中にパンパンに空気が入った風船がある様な感じです。お腹を丸めるエクササイズ(シットアップ)以外はこの呼吸法がおすすめです。背骨が安定することで手足の関節がより安定した動き出来ます。

日頃の呼吸がエクササイズの良し悪しを決める

上記でお伝えしました、「腹式呼吸」を無意識にでされている方は腹圧を比較的、容易に習得されています。エクササイズも日常での動作が現れます。ですので深く長い呼吸を心掛ける必要がありますね。

まずはドローイングから

ドローイングとは鼻から息を吸う(4~8秒かけて)ことでお腹を膨らまします。その後、口から息を吐き(同様に4~8秒)お腹を凹まします。これを繰り返します。理想は立位で行いたいですが、最初は仰向けで膝を軽く曲げて行いましょう。

そして徐々にお腹・背中が動かせるようになったら、座位で行う。最後に立位で行いましょう。回数は5回を1セットとし1日に数回行いましょう。こちらの記事でドローイングのやり方・目的に関して詳しく説明させていただいています。 →[くびれを作りたい方必見!] 呼吸エクササイズで綺麗なウエスト作りましょう!

終わりに

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

栃木県宇都宮市で活動している「出張型パーソナルトレーニング」のAKI-GOLFITはダイエットとゴルフの問題解決を中心にサポートさせて頂いております。

篠原トレーナーの詳しいプロフィール

代表 : 篠原 章人(シノハラ アキヒト)
TEL : 080-3174-1992
MAIL : trainer.akihito@gmail.com

体験ご予約はこちらから承っております。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////