BLOG ブログ

[くびれ作り] 呼吸エクササイズで綺麗なウエスト作りましょう!

[くびれ作り] 呼吸エクササイズで綺麗なウエスト作りましょう!

引き締まったウエストは、誰しもが憧れることでしょう。わたし自身、そのような方とすれ違うと「お!しっかりと身体の管理が出来ている素晴らしい人だな」とほれぼれとしてしまいます。

 

このブログを読んでいる、あなたもその様なウエストを作りたい場合、これから紹介するエクササイズはとても優秀なものとなります。

 

実践しそれを継続することで、あなたが希望としているくびれが出来ることでしょう。

このような悩みをお持ちの方におススメの記事となっております。

このような方におすすめな記事となっております
くびれを作りたい方
姿勢を良くしたい方
呼吸を深くしたい方

「腹横筋」を機能させることでくびれが作られる

腹横筋
「腹横筋」という筋肉は、内臓を包み込むように肋骨から骨盤に付着しています。息を吸うことでこの筋肉が伸び、逆に吐くことで縮みます。「天然のコルセット」と呼ばれるくらいあり、この筋肉が機能すると腰回りの安定(腰痛の緩和)につながります。

「ポッコリお腹」はこの筋肉が大きく関与している

痩せているのに、お腹だけぽっこりと出ている人にお会いしたことはありませんか?体脂肪が少ないにもかかわらずお腹が出ている様な方です。その要因の1つが「腹横筋」がうまく機能していないことです。

内蔵の位置を整える役割を持つこの筋肉が機能していない。つまり伸びっぱなしの状態がぽっこりお腹と同じです。それがしっかりと凹ますことが出来るとそれだけで、くびれが出来ます。

エクササイズ [ドローイング]

ステップ1:仰向けになる。

腰と床の間に手のひらが入るぐらいのスペースを保てるように姿勢をとります。もし腰が反ってしまう場合、膝を曲げて調節しましょう。

ステップ2:息を吐きながらお腹を凹ます

ここがポイントです。出来るだけ下腹部を凹ませられるように意識してください。骨盤の内側を指で触りながらことも効果的です。凹ましきったときに筋肉が硬くなっているとしっかりと出来ている証です。4~8秒かけて息を吐きましょう

ステップ3:元の位置にもどす

注意点として血圧・その他、心臓血管系に疾患をお持ちの方は息の吐きすぎに注意してください。血圧が上がる恐れがあるので、「無理の無い範囲内」で行いましょう。

回数・セット数

3~10回を1セットとして1日の内に出来る限り行いましょう。(食後を除いて)経験上、3回程度でも一生懸命行うと結構きついです。ですので、最初はあまり凹ましすぎず、継続することを目的として行いましょう。

終わりに

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

栃木県宇都宮市で活動している「出張型パーソナルトレーニング」のAKI-GOLFITはダイエットとゴルフの問題解決を中心にサポートさせて頂いております。

篠原トレーナーの詳しいプロフィール

代表 : 篠原 章人(シノハラ アキヒト)
TEL : 080-3174-1992
MAIL : trainer.akihito@gmail.com

体験ご予約はこちらから承っております。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////