BLOG ブログ

[ぽっこりお腹] 腸腰筋エクササイズで見た目もスッキリしましょう!

[ぽっこりお腹] 腸腰筋エクササイズで見た目もスッキリしましょう!

栃木県宇都宮市でパーソナルトレーナーとして活動している篠原 章人です。今回は腸腰筋のエクササイズを紹介します。この筋肉をエクササイズすることにより、お腹が引き締まります。詳しくはこれから解説しますが、この筋肉が機能しなくなるとお腹が出っ張ってしまう、いわゆる「ぽっこりお腹」になります。

 

このブログでは腸腰筋とは私たちの体で、どの様な役割をしているのか?からエクササイズのやり方まで詳しく紹介してまいります。

 

それでは今回もよろしくお願いします!

この様な方におすすめの記事となっております

このような方におすすめな記事となっております
ぽっこりお腹が気になり始めた方
ダイエット中の方
腰痛の方

腸腰筋とは?

クエッション
「小腰筋」「大腰筋」「腸骨筋」の3つの筋肉をまとめて「腸腰筋」と呼びます。場所は腰骨・骨盤の内側から太ももの付け根に走行している筋肉です。太ももを引き上げる・外側に捻る時にこの筋肉がメインに働きます。

身体の深いところに付着していて、足を上げる時に腰部を安定させる働きもある重要な筋肉の1つです。

姿勢が悪いとこの筋肉が機能しなくなる

姿勢が悪い、つまり「猫背」の方は、この筋肉が機能しにくいです。良い姿勢の骨盤「上前腸骨棘」の位置は軽く前傾しています。腸腰筋は骨盤を前傾させる働きもあるため、猫背の特徴の1つである「骨盤後傾」姿勢はお腹のたるみにも繋がります。

また在宅ワークが当然となる昨今では、緊張感が無い状態で座る時間が増えました。背もたれに寄りかかることも増え、いつの間には骨盤が後傾してしまいました。その大きな要因の1つに腸腰筋の機能しなくなったことが挙げられます。

「良い姿勢」を作ることが「ぽっこりお腹」を改善させる

ぽっこりお腹になる要因は大きく2つあります。まず1つ目に内臓が正しい位置に保たれていないこと。これがぽっこりお腹の方に1番多いです。腸腰筋は腹横筋という筋肉が使える様になると内臓が正しい位置に収まる事でお腹が引き締まります。

腹横筋については、[くびれを作りたい方必見!] 呼吸エクササイズで綺麗なウエスト作りましょう!で詳しく紹介していますのでぜひご覧ください。

腸腰筋エクササイズ

このブログでは、自宅でできる簡単なエクササイズとストレッチングの2つ紹介します。どちらも簡単なエクササイズですので試して、ぽっこりお腹をスッキリさせましょう!

腸腰筋ストレッチング(PNF)

ステップ1:足を前後に開きます。後ろ足の「太もも付け根」に伸び感を感じましょう。10秒深呼吸をしながらリラックスします。

ステップ2:後ろ足をおへそに引き寄せるように6秒、力を入れます。姿勢が保てる範囲内無理なく行いましょう。

ステップ3:ステップ1に戻り10秒間ストレッチングし、反対も行いましょう。

プローンニーレイズ

ステップ1:仰向けになります。腰と床の間に掌が入るくらいのスペースを開けます。柔軟性などにより厳しい方は膝を曲げる事で無理なく行うことが出来ます。

ステップ2:開始姿勢を保てられる範囲で太ももを引き上げます。

ステップ3:丁寧に元の位置に戻り反対も行います。

左右10 (計20回)を限度に姿勢が無理の無い範囲内で行います。

終わりに

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

栃木県宇都宮市で活動している「出張型パーソナルトレーニング」のAKI-GOLFITはダイエットとゴルフの問題解決を中心にサポートさせて頂いております。

篠原トレーナーの詳しいプロフィール

代表 : 篠原 章人(シノハラ アキヒト)
TEL : 080-3174-1992
MAIL : trainer.akihito@gmail.com

体験ご予約はこちらから承っております。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////