BLOG ブログ

[ゴルフ] つま先重心で安定したアドレスを目指そう!

[ゴルフ] つま先重心で安定したアドレスを目指そう!

皆さんこんにちは!AKI-GOLFIT専属レッスンプロの浅香太郎です。今回で4回目のレッスンになる百々さんにご協力を頂き初心者向けのレッスンブログです。今日はアドレスについてのお話しです。

 

どっしりとした「フラつかないスイング」のためにいいアドレスを習得しましょう。テークバック時のスウェーや伸び上がり、フォロースルーでの腰引けなど、それに腰痛などの体の痛みがある方も一緒に試してみて下さい。

 

今日のレッスンの最初のアドレスです。百々さんの直すべきポイントは

・身体重心の位置

・伸び気味の膝

・骨盤の後傾です。

 

これらの課題をエクササイズとレッスンで解決していきたいと思います。

[解決法] 身体重心をいい位置へ移動する

百々さんのアドレスはかかとに体重が乗っているいわゆる「へっぴり腰」でした。これでは安定したショットもそうですが、美しいスイングには繋がらないでしょう。そこで篠原トレーナーに身体重心をつま先に位置できるようなエクササイズを2つほどお願いし百々さんを行って頂きました。

エクササイズ1 足首の屈曲する可動域を広げる

まず片方の足を地面にしっかり付けます。その状態で息を吐きながら(リラックスしながら)足首を曲げます。

かかとが上がらない範囲内で5回ほどを1セットとして行いましょう。

エクササイズ2 骨盤の前傾する可動域を広げる

肩幅程度に足を開き膝を軽く曲げます。足裏のバランスが崩れない範囲内で骨盤を前傾させます。太ももの裏側に「伸び感」を感じなら行いましょう。

5〜10回を1セットとして2〜3セット行いましょう。

アフター

関節の可動域が適切に広がることだけで、無理なくアドレスを作ることが出来ます。足首や腿の裏側は百々さんだけに限らず大勢の方が抱えている問題です。

ゴルフだけでなく「見た目の良さ」にも関わりますので日頃から動かす習慣を付けていきましょうね。

スイング面からのアプローチ

ここからが浅香の出番です。つま先重心、つまり上体の前傾が保てられるようにすることが百々さんの課題の1つです。このレッスンでは片足で打つドリルを行って頂きました。

片足立ちドリルのやり方

体重を爪先の方へ持って行きます。足の指で、しっかりと地面をつかむようにどっしりと構えます。


片足立ちのまま、バランスが取れる範囲で大きく振ります。トップとフィニッシュでフラつかないように気をつけて下さい。


右足だけで立っている時は締まりのあるテークバック、トップ



左足だけで立っている時は左に流れない、前傾の崩れないフォローを目標に練習しましょう。

ドリルの効果は?

今回のレッスンで百々さんは、特にトップの伸び上がりが改善されましたね。ゴルフクラブの遠心力に負けない、ように重心を下方に保つことが出来るなりました。良い調子ですね。

終わりに

身体重心位置は、日頃の疲れや体調の変化によって身体の可動域や簡単に変わったりズレたりします。ですので日頃からの身体のコンディションの維持は初心者の方に限らず上級者の方にも当てはまることですね。もぜお試し下さい。

百々さん、これからも楽しくゴルフの上達頑張りましょうね☆


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


栃木県宇都宮市で活動している「出張型パーソナルトレーニング」のAKI-GOLFITはダイエットとゴルフの問題解決を中心にサポートさせて頂いております。

浅香トレーナーの詳しいプロフィール

代表 : 篠原 章人(シノハラ アキヒト)
TEL : 080-3174-1992
MAIL: trainer.akihito@gmail.com

体験ご予約はこちらから承っております。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////