BLOG ブログ

ゴルススイングにとって大切な下半身の「回転力」を向上するエクササイズ

ゴルススイングにとって大切な下半身の「回転力」を向上するエクササイズ

アマチュアやゴルフを始めたばかりの人なら、スイング中に身体の回転が止まった状態で打ついわゆる「フリップ」で悩んでいる方が多くいると思います。実は最近ま私もそれで悩んでいました。AKI-GOLFITゴルフ専門トレーナーの浅香に毎回のごとく指摘を受けていたが、一向に改善することが出来ませんでした。

 

今回ご紹介するエクササイズで下半身の回転動作を習得し、ゴルフ動作に落とし込むことで解決することが出来ました。ですので、このブログを読んでいるあなたにもシェアしたいと思います。

 

栃木県宇都宮市で運動指導を専門とするパーソナルトレーナーの篠原章人が紹介致します。

このような方にオススメの記事です

このような方におすすめな記事となっております
・身体が回らないかた
・飛距離アップしたい方
・PGAの選手のようなカッコいいスイング作りをしている方

ポイントは股関節に付いている筋群をフル稼働させること

骨盤、ゴルフフィットネス
下半身の回転の起点は股関節(骨盤帯)にあります。これが適切に動くことによって膝と足関節の回転にも繋がります。

ゴルフスイングだけでは、筋・関節をバランス良く動かすことは不可能です。また股関節は日常生活でも偏った動きをするので、エクササイズでしっかりと動きを覚える必要があります。

フリップでインパクトしている人は股関節の動きは必要ない?

フリップで打つ人とそうでない人の大きな違いは「手首の運動量」です。スイングの最中に身体の回転が止まってしまうため、手首の運動量(掌・背屈)が増えてしまうのです。逆に後者は身体の回転量が多くなるため手首を返さなくても打つことが出来るのです。

ローテーションサイドランジ

下半身の回転力を上げるのがこのエクササイズです。※このエクササイズの前提としてフロントランジとサイドランジが出来る人が対象となっております。

またこのエクササイズは、お尻の筋肉を関与率が高いです。ですので見た目も良くなりますので、トライしてみて下さい。

ステップ1:サイドランジと同じスタンスを作る。

ステップ2:太ももが床と平行までを目安に下ろす。

ステップ3:身体を回転させる。

ここがポイントです。回転する目安として「つま先」と「膝」の位置が「一直線」になる所までです。反対の足はしっかりと伸ばし「足の甲」を地面にしっかりと向け切ります。

慣れてきたらつま先を徐々に開きましょう。

回転する角度は、つま先と膝が「一直線」になるまでと解説させていただきました。慣れてきたら徐々に回転する側のつま先を開きましょう。そうすることにより内ももの関与率が高くなり、より回転がしやすくなります。

回数・セット数に関しては特にありません。ゴルフの練習のように一回いっかいを丁寧に行いましょう。

終わりに

いかがでしたでしょうか?このエクササイズはどのゴルファーにもオススメとなっておりますので気に入って頂けること間違いなしです。練習前のウォーミングアップに行うことで身体を回転する「意識付け」が出来ますので効果的です。

このエクササイズを参考にカッコ良いスイングを作りましょうね!

☆写真は沖縄の宮古島で撮影しました☆


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

栃木県宇都宮市で活動している「出張型パーソナルトレーニング」のAKI-GOLFITはダイエットとゴルフの問題解決を中心にサポートさせて頂いております。

篠原トレーナーの詳しいプロフィール

代表 : 篠原 章人(シノハラ アキヒト)
TEL : 080-3174-1992
MAIL : trainer.akihito@gmail.com

体験ご予約はこちらから承っております。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////