BLOG ブログ

インパクト時に身体の「前傾」を保つためには?

インパクト時に身体の「前傾」を保つためには?

皆さんこんにちは!AKI-GOLFIT所属の浅香太郎です。今日は君島大樹選手のレッスンを皆さんにシェアしたいと思います。

彼は去年、所属クラブのクラブチャンピオンになりました。そして、そのまま栃木県のキングオブチャンピオンで優勝した将来有望なゴルファーです!今年も所属クラブのクラブチャンピオンシップの予選を無事通過しましたが、ドライバーに少し不安があると言うことなのでスイング修正をしました。

それではよろしくお願いいたします。

このような悩みをお持ちの方におすすめに記事です。

インパクトの際にクラブヘッドが垂れてしまう方
PGAの選手のようなカッコいいスイング作りをしている方
ショットが安定しない方

悪さをしていたのは「右股関節」

不安というのは「右にプッシュアウト」が出る。また、それを怖がると今度は左にチーピンとのこと。
黄色い線に注目です。右腰がアドレスの局面と比べ、インパクト局面で前に出てしまっています。そのため「身体の前傾」を起こさないと手の通り道が出来ない、というのが問題なのです。
そのまま打てばプッシュアウト、無理に手を返せばチーピンが出る。普段のラウンドでは上手く誤魔化せても、試合というプレッシャーの中ではそうはいきません。

そこで右腰をキープするドリルをいくつか彼に処方しました。

ドリル1:アドレスの局面からお尻に何かを当て、右のお尻を離さないようにスイング。

ドリル2:「ドリル1」にプラスして、右の爪先を上げたままスイング

ドリル3:右の踵でウェッジを踏んで、それが動かないようにスイング

ドリル4:強制的に私がおさえる。

骨盤の前傾を保つには?

トレーナーの篠原曰く、足をその側にねじる動き(股関節の外旋動作)が必要になります。ちなみにその逆の動きは骨盤を後傾させるとか。

これらのドリルにより右腰のでしゃばりが少なくなりました。

理想はやっぱり?

理想はやっぱりタイガーウッズ選手ですね!

ここまで出来ると超カッコいいですね!右腰が少しも前にでません。
今日のレッスンにより君島君のドライバーの入射角が少しシャローになり、スピン量も減り、打ち出し角も上がり復調のきっかけを掴めたようでした。
ただドライバーよりアイアンのほうに好影響があったようで、良い球を打っていました。

この調子で2年連続のクラブチャンピオンに向けて頑張って下さい!





///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


栃木県宇都宮市で活動している「出張型パーソナルトレーニング」のAKI-GOLFITはダイエットとゴルフの問題解決を中心にサポートさせて頂いております。

浅香トレーナーの詳しいプロフィール

代表 : 篠原 章人(シノハラ アキヒト)
TEL : 080-3174-1992
MAIL: trainer.akihito@gmail.com

体験ご予約はこちらから承っております。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////