BLOG ブログ

「グリップ筋」発達してますか? 「左の親指」に負担のかからない握り方を紹介します。

皆さんこんにちは。AKI-GOLFITの浅香太郎です。今日はクラブの握り方、グリップの話です。

初歩中の初歩ですが、意外とアマチュアの方に多くみられる改善点すべきポイントの1つです。それもそのはず、篠原トレーナーも始めたての頃に直面していました。今回の記事では、彼の例も紹介しながら説明していきたいと思います。

こんな方にオススメの記事です。

親指に痛み・違和感を感じる方
オーバースイングの方
ボールに当たり負けしてしまう方
安定したショットを求めている方

なぜ親指が痛くなるのか?

まず左手のグリップの話です。(右打ちの方の場合) 篠原トレーナーが最初に直面したのが左親指の痛みです。
原因は、トップから切り返しの瞬間に、クラブの重さを親指の第一関節を中心に受け止めていたからです。

「グリップ筋」を利用しよう!

この記事では便宜上「グリップ筋」と名ずけました。(正確名称は母子内転筋と言います)その解決策は、グリップ筋も使ってクラブの重さを受け止めることです。
もし周りにゴルフの上手い人が知り合いにいる場合、手を見せてもらってみて下さい。そこの筋肉が発達しているはずです。

ちなみに私の手はこんな感じです。

右手の使い方

続いて右手のグリップの話です。右手も同じく、握りがゆるいとクラブヘッドの動きが身体の動きと「同調」することが出来なくなります。

主な症状として
テークバックの勢いをトップで受け止められずにオーバースイングになる。
ダウンスイングで、ヘッドスピードを殺してしまう。
まインパクトでボールの重さに負けたりしてしまう。

などなど挙げたらキリがありません。私の経験上の話ですが、野球経験者に多い症状です。野球のバッティングは、ゴルフと同じ「振る」動作でも全く異なります。

篠原トレーナーも野球経験者なので、同じ症状がありました。野球とゴルフのスイングは「別物」です。またバットは十分な重さがありますので、手から飛んでいかない強さで握っていればボールの重さに勝てるのです。

修正レッスン

右手の握り方の解決策も、左手と同じです。「親指」と「人差し指」を付けます。

意識付けするために、親指と人差し指の間にティーを挟んでスイングするのもありですね。ちなみに彼は、これだけでアイアンの飛距離が10ヤード変わりました。

どれぐらい強く握れば良いのか?

そして最後はグリッププレッシャーの話です。これは正直難しいです。しっかりと握らないといけないし、とは言え握るすぎると「力み」に繋がってしまう。こればかりは実際に見てみないと分かりません。ですがあなたが思ってるよりもしっかり握ります。

具体的に言うとフォロースルーでしっかり止めれらるぐらいの力感です。フルスイングの力感で肩より下にクラブを収めてみて下さい。思ったよりもしっかり握らないと。クラブの勢いを止められないと思います。

最後に

グリップの緩みがなくなれば、スイングに締まりが出てきます。右手のグリップがゆるい方は、人差し指と親指の間を締めるだけで強いボールが打てるようになるはずです。最初は違和感があると思いますが、再現性のあるスイング作りのために頑張っていきましょうね!

ぜひためしてみて下さい。





///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


栃木県宇都宮市で活動している「出張型パーソナルトレーニング」のAKI-GOLFITはダイエットとゴルフの問題解決を中心にサポートさせて頂いております。

浅香トレーナーの詳しいプロフィール

代表 : 篠原 章人(シノハラ アキヒト)
TEL : 080-3174-1992
MAIL: trainer.akihito@gmail.com

体験ご予約はこちらから承っております。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////