BLOG ブログ

「厚い」インパクトを手に入れるためのドリル

皆さんこんにちは。ゴルフ・コースマネジメント専門トレーナーの浅香太郎です。

今回の記事では、先日僕たちのレッスンを受けていただいたFさんの問題点と解決策をご紹介します。

こんな方にお勧めの記事です。

「右にプッシュが多い方」
「トップする事が多い方」
「強いボールが打てない方」

Fさんの特徴・悩み

Fさんは県の試合にも出るシングルプレイヤーです。ドライバーは得意なのにフェアウェイウッドが苦手であたりが薄くてボールが上がらない。。。ひどい時はチョロになってしまうそうです。Fさんのスイングの軌道は、インサイドアウトの典型的なドローヒッター。

ダウンスイングでは少し右腰が浮くものの、全体的にはすぐに直さないといけないような問題点はありませんでした。つまり、Fさんの問題点はスイングでなく「アドレス」にありました。アドレスの時点で、すでにクラブが振り遅れている状態だったのです

アドレスで振り遅れるとは?

クラブが寝る、つまり「振り遅れる」ことによってインパクトゾーンでヘッドが浮き上がっていたのです(Fさんではなく僕がちょっと極端にやってます)

解決策はスイングではなく「アドレスの姿勢」を変えることです。胸郭が上がっていないため、左右の肩関節が内旋していまっています。Fさんは仕事は一日中パソコンの前での作業。身体動作というのは、日常生活から作られるものです。その癖がゴルフを悪くしていたようですね。

最後に

右打ちの方の場合、アドレス時に右腕が「内旋」と、Fさんのようにヘッドが寝てしまいます。松山英樹選手みたく左腕が使えると最高ですね!アドレスの改善により、Fさんはフェアウェイウッドでも厚いあたりが出るようになりました

また相乗効果でアイアンの距離も少し伸ばす事が出来ました!インパクトゾーンでヘッドが下に動くようになりボールを前に押せるようになったのです

皆さんもアドレスですでに振り遅れてないか「姿勢」をチェックしてみて下さい。

本日もありがとうございました。





///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
宇都宮市で中心に活動している「出張型パーソナルトレーニング」のAKI-GOLFITは
ダイエットとゴルフの問題解決を中心にサポートさせて頂いております。
浅香トレーナーのプロフィールはこちらからご覧いただけます。

いつでもお気軽にご相談ください。

TEL : 080-3174-1992
MAIL: trainer.akihito@gmail.com

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////