BLOG ブログ

入射角修正ドリル(横向きスイング)

入射角修正ドリル(横向きスイング)

皆さんこんにちは。Aki-golfit所属の浅香太郎です。

今回の記事では、先日僕たちのレッスンを受けたNさんのおさらいを兼ねてこの横向きドリルを紹介したいと思います。

こんな方にお勧めの記事です!

ボールが上がらない方
ドロー系のボールが打てない方
シャロースイングを習得したい方

Nさんのスイングの特徴

Nさんはすごいヘッドスピード(ドライバーで55m/s!)の持ち主ですが、ヘッドスピードの割りには球が低くスピンの多いスイングでした

その理由は入射角でした。

ダウンスイングがスティープ過ぎるためヘッドが上から入り過ぎるためです。
最近流行りのループスイング、シャローイングとは逆の軌道でした。なのでこれから紹介するドリルをして頂いたことにより入射角が緩やか(シャロー)になり理想的なボールに近づきました。

ドリルの手順

ポイントは3つあります。順を追って説明いたします。

1:いつもより90度オープンのアドレス

2:スイング軌道は極端にインサイドアウトループで

3:打ち出しはターゲットの真っ直ぐかちょっと右に出します

マシューウルフ選手になったイメージでスイングしましょう。このドリルでダウンスイング局面でヘッドがしっかりインパクト、下から入ってくる感覚を掴みましょう。

最初は少し高めにティーアップした状態でトライしてみて下さい。Nさんは先日のレッスンでアイアンはほぼ完璧にこの軌道の感覚を掴み7Iでキャリー200yの高いドローボールを物にしました。

ドライバーとなるともう少し練習が必要ですね。
フルスイングではなく6割くらいのスイングでこのドリルを続けていきましょう。

また同時に篠原トレーナーの姿勢矯正を受けて頂きました。Nさんは猫背気味の姿勢をされており、ダウンスイングでの切り返し局面で右腕を外旋(外に捻る動作)が出来ませんでした。

胸郭が上がることによって右腕の外旋がし易くなりヘッドをインサイドに落としやすくなりました。

終わりに

いかがでしたか?
ゴルフは野球と違い地面からボールを打ちます。そのため勘違いでスイングの軌道が上下つまりスティープになってしまう方が多いです。今回のNさんのように原因が分かっていても実際に出来ない方の特徴として、そもそも身体がそのように動かせられないことが多くあります。





///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


栃木県宇都宮市で活動している「出張型パーソナルトレーニング」のAKI-GOLFITはダイエットとゴルフの問題解決を中心にサポートさせて頂いております。

浅香トレーナーの詳しいプロフィール

代表 : 篠原 章人(シノハラ アキヒト)
TEL : 080-3174-1992
MAIL: trainer.akihito@gmail.com

体験ご予約はこちらから承っております。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////