BLOG ブログ

プロゴルファー浅香 太郎

プロゴルファー浅香 太郎

初めまして!AKI-GOLFITの浅香です。

この度、ゴルフスイング・スコアメイク専門トレーナーとして活動することになりました。

そこで今回の記事では自己紹介を含めて記事を書いていきたいと思います。

    生い立ち

    1992年11月14日生まれの27歳
    小学校2年生からマレーシアに滞在
    中学校まではマレーシアの日本人学校(ゴルフを始める)
    カナダ系の高校卒業後、オーストラリア系の大学へ入学するが、また家族の都合で大学を中退して日本へ

    日本に帰ってきてからは宇都宮のゴルフ場でキャディをしながらゴルフを続ける
    2016にプロ転向
    プロとしてゴルフに取り組むようになってからはフィジカル面でのトレーニングを篠原トレーナーにみてもらう
    篠原トレーナーとのトレーニングを通して、自分の理想のスイングをするには「姿勢」が大切だと気付く

    ざっとゴルフに関することだとこのようになります。私はマレーシアに、13年いましたので個人的には半分はマレーシア人だと思っています。笑

    ゴルフに関する考え方

    僕にとってゴルフをする上で最も必要なことは「自信」を持つことだと考えています。
    自信を持つために必要ことはただ1つ、良いスイングを手に入れることです。

    「良いスイング」は見た目が良いだけでなくスコアに直結します。逆に言うと悪いスイング「身体・物理的に非効率なスイング」ではいつまで経っても上手くなれません。
    これは僕だけに限らず、他のプロゴルファー・ティーチングプロも口を揃えて言っています。

    ゴルフの練習だけでは限界がある。

    僕は飛ぶわけでもなく、パターがポンポン入るわけでもなく、得意なショット、自信があるショットがありませんでした。またボール打つ前にあれこれ考えるわけだから、そりゃ自信が持てるわけありません。

    その日たまたま調子が良くても、次の日になると別人のように悪くなることだってあります。 同じ人間が同じスポーツをしているにも関わらずです。ゴルフ場や天候が変わるとか様々な要因もあるでしょうが、その理由の1つが身体のコンディションです。

    ゴルフだけでは姿勢を悪くする?

    ゴルフは地面にあるボールを打つスポーツです。 そのため身体が動かない人だと、腰を捻り腕を引きながらボール打とうとします。

    結果はお分かりの通り、スライス回転のどこに行くかわからない危ない球。だからと言って躍起になり、練習し続けるとケガをします。当然ですよね。
    なぜなら練習をする度に姿勢が悪くなっているからです。
    姿勢とはトレーナーの篠原曰く、身体動作を決めてしまうものと言っています。詳しくはこの記事では割愛しますが、良い姿勢が良いスイングを生み出すのです。

    最後に

    ゴルフは毎回自分の得意なショット、自信があるショットで勝負出来るスポーツです
    自信があればあるほど良いゴルフが出来るわけです。
    そこでもし自分のスイングに自信が持てればゴルフがより楽しくなります。

    皆さんも自分の理想のスイングに自信を持てるようにAki-golfit が身体の面から、ゴルフのテクニックの面からあなたに合ったやり方をサポートします。

    そんな悩みを持ったあなたにお会いできることを楽しみにしております。




    ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
    宇都宮市で中心に活動している「出張型パーソナルトレーニング」のAKI-GOLFITは
    ダイエットとゴルフの問題解決を中心にサポートさせて頂いております。
    浅香トレーナーのプロフィールはこちらからご覧いただけます。

    いつでもお気軽にご相談ください。

    TEL : 080-3174-1992
    MAIL: trainer.akihito@gmail.com

    ///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////